2013/12/10

日本の主要政党の入党要件

Twitterでつぶやいたら、意外にけっこうな反響があったので、まとめてみた。

入党要件一覧表

入党要件を表にしてみた(2013年12月10日時点)。各政党名に、情報の出所へのリンクを設定してある。

政党名 党費(年間) 紹介党員 日本国籍 その他要件 準党員名称 準党員会費
自民党 4000円
家族党員は2000円
1人 - J-NSC 無料
公明党 3000円
家族党員は2000円
2人 不要 機関紙購読
月1835円
党友
民主党 6000円 - - サポーター 2000円
日本維新の会 3000円 - - 維新電子倶楽部
(メルマガ会員)
無料
みんなの党 2000円 - - ネット党員 1000円
社民党 12000~24000円 - - - -
共産党 年収の1% 2人 機関紙購読
月3400円
- -
生活の党 - - サポーター

以上はウェブ上の情報を元にしたもので、調査がおよばず分からなかったことや、実際とは異なる場合がある。

公明党の党費について、Wikipediaでは3000円とするが、規約には「党費に関する細則は、別に定める」とあり、この別途に定めた細則についてはサイト上に見あたらなかった。大阪市議の辻よしたか氏のご教示により年額3000円、家族2人目以降は2000円と判明した。機関紙の購読料、党友の会費については分からなかった。党員の国籍を問わないことは、「国籍を問わず党員となることができる」と規約に明記されている。

社民党の入党資格については、サイト上に見あたらなかったが、大阪府連のサイトに党則が掲載されている。ただし、「入党手続その他党員の資格に関し必要な事項は、本党則に定めるもののほか、別に定める規則による」とあり、日本国籍を要件としているかどうかは分からなかった。党費に幅があるのは、年齢層別に党費を設定しているからである。

生活の党は、サイト上に入党案内がなく、党の規約にも「但し、党費については別の規程で定める」とあるのみで、具体的な金額は掲載されていなかった。

記載漏れや間違いのご指摘は、大歓迎です。

2 件のコメント:

  1. 日本共産党規約 第四十六条 党費は、実収入の一パーセントとする。
     党費は、月別、または一定期間分の前納で納入する。
     失業している党員、高齢または病気によって扶養をうけている党員など生活の困窮している党員の党費は、軽減し、または免除することができる。
    とあります。

    返信削除
    返信
    1. なるほど。免除規定があるのですね。ということは、生活困窮者の中には無収入の党員というのもありえますね。

      削除